auスマートパスプレミアム会員1年間無料!

REGULAR LESSON

お申込み

インストラクター

中村優里
Nakamura Yuri
  • 全米ヨガアライアンスRYT200

常に人の評価を気にして生活をしていた自分が嫌いで心も身体も疲弊していた頃、「人と比べなくていい」というヨガの考え方に出会い、気持ちが楽になる感覚にとても感動しました。次第に伝える方になりたいと思い、単身ニューヨークへヨガ留学。現在はスポーツジムのほか、心の健康に着目し、福祉施設、子育てサークルなどで活動を行う。

Natsuki
なつき
  • 全米ヨガアライアンスRYT200
  • 陰ヨガ指導者養成 修了

変わりゆく毎日の中、外から得る情報に意識を向けがちだったわたし。変化や刺激、幸せを探す日々は楽しかったけど、心が落ち着かないような、地に足がつかないようの感覚はずっと自分の中にありました。そんな時に始めたヨガ。ヨガを通して学び、穏やかな時間を過ごせるようになりました。

長尾麻央
Nagao Mao
  • 全米ヨガアライアンスRYT200
  • 食育インストラクター

元フィギュアスケートシンクロ日本代表。引退後、一般企業での就業を経てヨガインストラクターへと転身。愛嬌のある人柄、癒しの声、元アスリートならではの分かりやすく的確な指導に定評がある。某スキルシェアサイトではヨガ講師人気ランキング1位に、約5万講座ある全体ランキングでは2位に表彰された実績を持つ。

橋下摩亜也
Maaya Hashishita
  • 全米ヨガアライアンスRYT200
  • リストラティブヨガTT

もともと体を動かすことが好き、という理由でなんとなく始めたヨガ。ヨガの練習を重ねるにつれて身体の変化を体感し、さらに自分の身体や心のクセに「気付き」を持つことが日常生活の向上にもつながっていきました。RYT200取得を通してヨガの学びを深め、2017年よりフリーヨガインストラクターとして活動を開始。大手ホットヨガスタジオやRUN×YOGAイベントでの指導、公民館での年配の方向けクラスなど幅広くレッスンを行なっています。レッスンに参加した方がヨガを通して心身の変化を感じ、生活をプラスの方向へと導く一助になれる事がやりがいとなっています。

岡部はるか
Haruka Okabe
  • 全米ヨガアライアンスRYT200/RYT500
  • マタニティヨガRPYT

幼い頃から体を使って表現をすることが好きで、10代の頃にファッションモデル、ダンサーとして活動。20歳の時にヨガと出会い、RYT200を習得するためにインドネシアのバリへ訪れる。資格習得をキッカケにヨガに魅了され、翌年RYT500、アーユルヴェーダの勉強をしにインドへ。現在はフリーのファッションモデル、ヨガ講師として活動中。

お申込から参加までの流れ

STEP 1 SIGN-UP

アスリーテック会員登録
  • クレジットカード登録
  • スマートパスプレミアム会員認証

STEP 2 SIGN-IN

会員ページよりサインイン
  • 一覧からレッスンを予約

STEP 3 LESSON

対象レッスンに入室
  • ポケリモアプリDL
  • 開始5分前に入室可
  • レッスンへの参加は会員登録後、各レッスンへの予約が必要となります。
  • レッスンの録画・撮影は固くお断りいたします。
  • 回線の不具合などにより、動画や音声に乱れが生じる可能性がございます。
  • やむを得ない事情が生じた場合、変更もしくは見合わせる可能性がございます。
  • 当日の模様を一部分編集し、主催者が使用する場合がございます。
お申込み
  • auスマートパスプレミアム会員の方は一年間無料でレッスンを受講できます。
  • 1年後引き続きご利用いただく場合は、通常料金(月額500円:税込)に切り替わるお手続きが必要となります。
  • キャンセル(退会)手続きはマイページから、いつでも簡単に行えます。

使用アプリ


オンラインレッスンは「ポケリモ」アプリのライブ配信機能を利⽤して実施されます。必ずダウンロードしてください。

監修

“ YOGA-EVENT.jp(ヨガイベント.jp)” は、ヨガイベントの情報を中心に、ヨガインストラクター紹介、ヨガスタジオ紹介、ヨガ愛好者向けのコラムを集めたポータルサイトです。
YOGA-EVENT.jpを運営する”株式会社ブースト”は様々なスポーツイベントを開催してきた実績を生かし、2018年3月からヨガイベントを企画・運営しています。自社でヨガイベントを開催することになった際に「世の中にはどのぐらいのヨガイベントがあるのか?」と調べましたが、どこにも情報が見つかりませんでした。このウェブサイトでは、自社で手掛けるヨガイベントだけでなく、小規模なヨガイベントから世界的に知られているような大規模なヨガイベントまで、バラバラになっている情報を1つにまとめたいと考えています。
2020年には国内のヨガ人口が1,000万人を超えると言われているこのブームを、一過性のものでなくさらに継続していけるように、“ YOGA-EVENT.jp ” もその一翼を担うことが出来ればと願っています。

試してみる